生活の記録

永遠のモラトリアム。中年の学生。人生のテーマは自由。友達は本とラジオとテレビ。好きな芸能人は星野源、タモリ、伊集院光、有吉、爆笑問題、ふかわりょう、マツコ・デラックス。将来の夢は犬を飼うこと。

手術日続き

手術終了後、医者や看護師がこのあと打ち上げ行ける?と話してたのが印象的だった。
私の手術の打ち上げですか?と心でつっこむ(←そんなわけはない)
エレベーターで入院部屋へ。
そこになぜか両親と日にちを間違えて来てしまった友達という謎の組み合わせの三名がいた。
予定より時間かかり三時間かかったらしい。
ロビーで夕食。
全部食べれた。
手術時はつらかったが術後は断然今回が楽。
少し話して部屋でのんきにテレビ。
ああ今回は楽だなあ、とのんびりしてたら
麻酔が切れたらしく痛みがいきなりきた。
あわててナースコールで呼んでロキソニン投入。
てか術後痛くなるのわかってたのになぜ
食事前に出してくれなかったのか。。。
前の術後の強烈な痛み止もロキソニンだったけど市販されてるような薬って。。。
今回はロキソニンがまあまあ効いて落ち着いた。
9時就寝。
なんか寝つけずやっと寝れたと思ったら
点滴の入れ替えで起こされる。
再寝。
今度はロキソニンが切れて痛みで目覚める。
またナースコールでロキソニン投入。
中々寝つけず。
やっと寝れたと思ったら五時頃相部屋の人にとこに看護師が来て物音で目が覚める。
耳栓とアイマスクで再寝。
8時に朝ごはんで起こされる。
休めた気がしない。
よれよれのまま朝食。


続く