生活の記録

永遠のモラトリアム。栄養は酒。人生のテーマは自由。友達は本とラジオとテレビ。好きな芸能人は星野源、タモリ、伊集院光、有吉、爆笑問題、ふかわりょう、マツコ・デラックス。将来の夢は犬を飼うこと。

ライブの記録

文章を書かなくても過ごせるほどに平穏無事な日々。
時々書かなくちゃと思ったが書かずにいられないほどの衝動もなく。。。出来事としてはいろいろあったが。
ストレスがない日々とはこんな感じなのか。労働者になってから初めてかもしれない。
毎日充実してる、楽しい!という感覚はないが。寂しい、虚しい、という感覚も薄まったような。。。
そこそこやりたい仕事について、金の余裕もあって、時間もあって、もはや老後だろうか。。。
しかし目覚めた時の何ともいえない憂鬱感は相変わらず。何かの本で読んだが、目覚のまどろんでるときは理性が働いてないので感情が強く出るとか何とか。。。動物的な不安感?なのだろうか。。。

とかいつまでもダラダラ書けそうだが本題に。
一週間で2つライブに行ってきたので記録。
そしてわざわざ久々に書き記すということは感情が動いたから。他になにかないのかと虚しくなるが。何もないわけではないが文章に起こすのが面倒(言い訳)。


木曜日
星野源の東京ドームライブへ。
東京ドームでやると知ったときは、ドームのライブなんてジャニーズのイメージ、行ってもどうせ豆粒くらいしか見えない、音もよく聞こえないと思い気がのらなかったが、やっぱり行きたいと何となく気が変わる。
ラインチケットの買い方がわからず悪戦苦闘。
カスタマーセンターに問い合わせたり徒労。
結局スマホが古いため買えず。
(これきっかけで死にかけてたスマホ買い換えたので結果よかったが)。
後、一般発売であっさり当選。
悲しいことにライブにも慣れてしまったので昔のようなワクワク感もなく当日。
雨。どんより憂鬱に起床。
楽しいイベントがあっても憂鬱な自分って何なんだ。。。と思った。
そして初めてのところに行く不安感。
(ドームは中学の時修学旅行で野球見に行ったけど)
トイレは大丈夫か、めまいはしないか、腹壊さないかとか。
相変わらず何事も無心で楽しめない性格。
いつも通りダラダラして予約してた歯医者へ。
早めに終わったが、時間配分わからずそのままドームへ向かう。
一本でつくので楽。さすが東京。
水道橋駅で人の流れについてったらドームに着いた。思いのほか早くついてしまい散策する体力もないので早々と席へ。
思ったより狭い。舞台見える。
しかし開演まで二時間ある。
時間を持て余し、めまいの薬飲んだので眠気。
そして始まった。
ライブは始まる直前、シーンとなって、真っ暗になって、バッと始まるのが興奮するんだけどドームはひっきりなしに人が出入りしてて興覚めだった。。。
ライブは楽しかった。が、やはり遠い。豆粒。オペラグラスで何とか。
あとやはり自分のライブ慣れを感じてしまった。悲しい。もうあれほどの興奮は味わえないのか。
帰宅。
酒飲んでアメトーク
日常へ。
そして次の日。
虚しい。
ライブの余韻。
千葉に用事あり電車。
外の景色も寂しい。切ない。
夕暮れに「くせのうた」が重なる。
この感覚、つらい。久々に。
夜はYouTube星野源を見てやりすごす。


土曜日
仕事。
いつも通り暇。
暇だけど星野源ロスは薄まった模様。
仕事が暇すぎて別の意味で虚しかったが。
仕事後、いつもの店でいつものそばを食べ公園で時間をつぶす。
晴れてるので気持ちがいい。
トイレ対策して武道館へ。
職場から近い。
さすが東京。
九段下から人混みについていき武道館へ。
客層が思ったより若い。
ちなみに星野源の客層は一時期、心が折れるほど若くておしゃれな子たちだったが先日は中年、高齢者もいて安心した。
逆にオードリーは若い男が多く、中年の女としては居づらかった。あんまりおしゃれじゃない人たちが多かったのが救い(失礼)。
でも若さがうらやましい。
今なら何だってできるだろう。
と若者たちの後ろ姿を見て思った。
近くの公園をふらつき会場へ。
武道館は何度か来ことあるしドームほど緊張なし。
チケットは激戦だったようだが何となく申し込んだらあっさり取れてしかも良席。
ばっちり見える。
ドームの後だと武道館狭い!
昔この距離で星野源見たのか(涙)。
ドームの時よりは安定した精神で待機。
そして始まった。
ちゃんと始まる前の緊張感もありで。
ライブは面白かった。
オードリーは生きていた(当たり前)。
オペラグラスで表情も手に取るようにわかる。
帰りの電車は途中までライブ客ばかりで面白かった。この人たちみんなラジオリスナーなのかと(ラジオイベントのライブだった)
昔は星野源のライブの行き帰りもそういう感動あったけど今は星野源ファンはどこにでもいるので感動しなくなった。
星野源後ほどではないがうっすらライブ後の虚しさ感じつつ一眠りし起きてラジオのオープニング聞きつつ寝る。

今日はそこまで虚しくない感じで休日。
掃除、雑用など。
明日から普通に仕事。
日常に戻れることにほっとする。


ところでなぜライブの後は虚しくなるのか。
1非日常から日常への落差。
2どんなに好きでも向こうは自分の存在すら一生認識することはない。
3輝いてるアーティストと凡人の自分の落差。

他にあるかな?
でも子供の時も地元の祭りの後こういう感覚になったような。。。
もうあの時間は戻ってこない、みたいな。
諸行無常感?



などと考えた数日だった。

GW

パソコンから書こうかなと思ったら回線重すぎてスマホから。
このスマホも買って四年ぐらい?
かなり死にかけでいつ切れるかわからない中書いている。

ここ数ヶ月励んでいることは断捨離。
忙しいことを言い訳に放置し崩壊していたもろもろに着手。
服とか紙類とかはわりとあっさり捨てられたが、最大の難関、本に着手。
うちの本棚はイ○アで買ったやつだが買って割りとすぐに棚板が本の重みで傾き、本が落ちる→他の棚も傾く→本が落ちるの繰り返しで直す気にもなれず、それでも本を買えば無理やり隙間に詰めていたので地獄のような本棚になっていた。
この不良品本棚を買ったことは人生50番以内の後悔に入る。
震度3ぐらいの地震でも本が落ちてくる有り様でさすがに震度6とかきたら命の危険も感じるので、これを機に着手。
もう読まないであろう本を出し、棚を組み直し必要な本を入れるという作業。
もう読まないかどうか、この判断が悩ましすぎる。。。
また読まない気はするが買ったときの記憶とか思い出すと捨てがたく。。。
そんなことを繰り返し格闘したGW。
あと組み直したけどやっぱりIK○Aの本棚は壊れかけていてほんとこれは不良品。

まだ完成ではないけどだいたいいらない本は出したので古本屋を呼んで買い取ってもらった。
一応数千円にはなった。
本屋で働いてたときは深く考えず適当に休憩中とか本を買っていたがもうそういうことはしない。。。
図書館とかどうしても欲しければアマゾンで古書でも買えるし。
厳選したつもりだがまだまだ大量の本があって、引っ越しの時どうしようかと。。。
その時はもっとばっさり捨てたいが。



話は変わって3月中旬から体調不良。
謎のめまい。
近所の病院でもらった薬をのべば治まるが。
如来る車酔いのような気持ち悪さ。
しかし職場の人とかにきくとだいたいみんなめまいに苦しんだことあるようで。
やはり歳なのだろうか。。。
それとは別にどうにも歩いたり立ったりしてると息切れがする。買い物もめんどくさい。
これは歳か、心臓か。
心臓だったら嫌だなあ。。。
まあさっさと病院行けよという話しか。

億劫なことを片付けつつ、また億劫なことが日々積もっていく。。。

冬~春の記録

なぜかスマホからはてなにログインできなくなり放置していた。。。調べてやり直せば入れたんだろうけどどうにも億劫で・・・。

今日は重い腰をあげてパソコンから入ってみた。

なので今まで愛読していた人々のブログも数カ月読めておらず・・・。数カ月ぶりに読むのも怖いような・・・。自分の変わらなさとは反対に人が変化してると焦るお年頃なので(と心の狭さ)。

日記にでも記録してないとここ数カ月なにしてたか途切れ途切れの記憶しかないものだ。日々の感情、考えた事、生活の営み、いずれ無になると思うと怖い。無の恐怖の強迫観念。

月別に簡単な記録。

 

・12月

とにかく修論が終わった開放感、だったかな?と思ったけど手帳見返したら修論提出後はバイト詰め込んでた・・・。11月は病気でバイト行けなかったのでそれはそれで楽しかったような気もする(うろ覚え)・・・。

入院してるときは働いてる人すごく輝いて見えてうらやましかったけど日常に戻ると働くことが当たり前すぎていちいち感動もしなくなるが・・・。

年末は実家に帰省。去年は風邪で帰省できなかったので2年ぶり。

弟の赤ちゃんと初めて会った。もちろんかわいいが接し方がわからない。わからないなりに頑張った。しかしやはりかわいい。でもテンション低い大人って子供からしたらきっと怖いよね・・・。ごめん。

あとはやることないのでひたすら東京のツタヤで借りたDVDやNHKオンデマンドで72時間見てた。あと親が撮りだめててるバラエティをダラダラ。ツタヤで借りた映画ははずれが多く、バラエティも飽き(フジとテレ東見れないし)、暇すぎて発狂しそうになり帰京。

 

・1月

障害年金申請の準備しつつバイトしたり、あとは口頭試問。

口頭試問終わってやっと修論終わった開放感がきたような気がする。今にして思えばなんであんなに修論に追い詰められてたのか・・・。喉元すぎれば熱さ忘れるとはこのことだ。

ちょっと趣味など初めて見ようと思いカルチャーセンター行く余裕も出てきた。

相変わらずあとはバイトを詰める。

 

・2月

前半は障害年金の申請でゴタゴタしてまた気持ちが沈んだり(結局何かあるとすぐ心が折れる笑)、あとは仕事の研修参加したり、バイトしたり、趣味始めようとしたり、たまに学校行ったり。もう授業はないので学校ないっていいなあ、と思った。

あと断捨離に着手。

・3月

バイトしたり、そうじしたり、買い物したり、映画みたり。

数年ぶりの心の安泰。日々の雑務や家事ができる時間がある生活は素晴らしい。世の中の人は忙しさの合間にささっとこなすのだろうが私はこれができない。キャパが少なすぎて。映画を見に行く心の余裕。やっと数年ぶりに人間らしさを取り戻せたような・・・。

卒業式、謝恩会などは感慨よりめんどくささが上回ったが何とか消化。

中旬からは謎のめまいや花粉症など。

体調不良は滅入ったがそれ以外はのんきに過ごした。

 

・4月

今までの人生の反省を活かし今後の人生は忙しくない生活をしたいと。なので今年度は仕事は詰めないように組んだ。

しかし新しい仕事も始まるので憂鬱といえば憂鬱。あと微妙に時々めまい。でもスケジュールはつめてないので心の余裕はある。本を読む時間もある。録画した番組みる時間もある。

ただ暇すぎると虚しさが入り込んでくるので程よい加減を模索していく予定。

終わった

入院時の非日常感はあっという間に終わり日常へ。
退院日は外歩くのも電車乗るのも帰り道も家もテレビも新鮮で記憶に残っている。
その翌日からの記憶は曖昧。。。

とりあえず修論をダラダラ。。。
11月はメインのバイトは休む宣言したので主にひきこもり。
サブバイトは入院してる日だけ休んであとは出社。
といっても超絶暇なので主に持ち込んだパソコンで修論書いてた。。。
あとはたまーに学校行くぐらいで半径一キロ以内で生活。
修論は手術前に焦って書いたのであとは手直しするのみ。
一度不安の頂点(当社比)を越してしまったので燃え尽きてしまいダラダラ書く。アメブロ読む。
の繰り返し。
これ以外の日々が想像できないほどの視野狭窄
明日も書けるしあさっても書ける。
未来永劫感。
そんな日もいつかは終わると言い聞かし(紙にも書き)やっと提出締切日が近づく。
事務手続きが苦手&不注意を自覚しているのでハヤメニ出そうと心に決める。
が指導教授より直前に訂正が入る。
しかも内容ではなくワードのレイアウト的なとこで。
必死に直して締め切り2日前に学生部へ提出。
職員のチェックが入る。
まさかの規定行数ミス(40行規定なのにま37行しかなかった)。
ワードの設定信じて自分で数えなかったが確かに37行しかない。
なぜに??
ノートパソコン持ち歩いたので同級生に設定直してもらって体裁直して再印刷。
さらに同級生に文字数チェックと校正してもらい滑り込みで製本出す(締め切り前日)。
今日(提出締め切り日)学校へ向かう電車で腹痛。
もれそう。。。
いろんな場合を想定しつつ学校途中のコンビニですっきりさせ、製本されたものを受けとる。
学生課へ。。。
職員がチェックすると昨日あれほど同級生とチェックしたのに文字数が合わないページあり。
ワードの仕組みわけわからん。
何枚か確認してなんとか通過。
死ぬかと思った。
とりあえず卒業できる(?)

院生室に戻りやはり今日になりパニクってる人の手伝いなど。
全く生きた心地のしない数日だったと思っていると歳上同級生が、今までの人生でもっと大変だったこと一杯あったでしょ、それに比べたらこれぐらい、と。
確かに。
妙に納得。

帰りは今日提出終わったら何しようか考え、決めていた新刊本を近所の本屋で適当買い。
(いつもは図書館かアマゾンの中古本)

夕方からこたつで買った本読む。
幸せ。
酒飲みながらテレビなど。

木曜日

五時に点滴で起こされたが寝ぼけてるままさされる。
六時頃起きる。
よく寝た。
体が一気に軽い感じ。
なんとも言えない脇の下の痛みが軽減。
朝食。
前髪を切ってたら突然採血が来て焦った。
しかも変なところにさされて痛い。
血が足りないらしく、とれない、としばし刺しっぱなし。
痛い、痛い騒いでたらちょうど手術してくれた女医さんが。。。
前髪の残骸とさわいでるとこ見られて気まずかった。。。

あと前の手術の時から担当の薬剤師さんも来てくれて、前の手術を乗り越えれたんだからたいていのことは大丈夫だと。
その感覚すっかり忘れてた。
ありがたい。

あと手術中ずっと手を握ってくれた看護師さんがきてくれた。
優しい。
神だな。
滅入ってる心が和らぐ。

あとこの日の担当の看護師さんも明るくて
癒される。
その日の看護師さんによって気持ちが全然違う。

午後、術後初の修論
点滴の痛さをまぎらわすために集中。
根をつめると動悸。
心配になるがやばい不整脈が出ると
心電図で管理されてるので看護師が飛んでくるらしい。
なら大丈夫かとちまちまと作業。
夕食。
テレビを見てダラダラ。
今回の手術は約10年ごとに行わなければならないので次の手術の恐怖に襲われる。
さらに心臓以外の病気まで憂えてしまった。
癌になったらどうしようとか。。。
ネガティブ思考は止まらない。
9時就寝。

手術翌日

●手術翌日
朝食後うだうだ。
親が来る。
ラウンジで雑談。
猛烈に疲労を感じる。
親が帰ったあと昼ごはん。
昼寝を決めて耳栓とアイマスク。
いい気持ちで寝てたら看護師の巡回で起きる。
なんか微妙に腹痛。
下痢かと思ったがトイレ行ったら普通にすっきりした。
15時頃見舞い客。
きついので寝たまま話す。
17時頃予告なく見舞い客二人目。
正直疲れた。。。
前の入院の時もそうだったがお見舞いって
今から行くとか連絡なしに来る人結構いて
来てくれるのはうれしいが病人としては
予告が欲しい。。。
具合悪かったら断るし。。。
寝ながら話す。
途中点滴がきて刺された。
これが痛くて気になってしょうがない。
夕食。
点滴痛い。
だめだ。
明日もさしなおすはめになるけど
抜いてもらった。
グロッキーなまま就寝。
耳栓。
今度こそ熟睡したいと決意。

手術日続き

手術終了後、医者や看護師がこのあと打ち上げ行ける?と話してたのが印象的だった。
私の手術の打ち上げですか?と心でつっこむ(←そんなわけはない)
エレベーターで入院部屋へ。
そこになぜか両親と日にちを間違えて来てしまった友達という謎の組み合わせの三名がいた。
予定より時間かかり三時間かかったらしい。
ロビーで夕食。
全部食べれた。
手術時はつらかったが術後は断然今回が楽。
少し話して部屋でのんきにテレビ。
ああ今回は楽だなあ、とのんびりしてたら
麻酔が切れたらしく痛みがいきなりきた。
あわててナースコールで呼んでロキソニン投入。
てか術後痛くなるのわかってたのになぜ
食事前に出してくれなかったのか。。。
前の術後の強烈な痛み止もロキソニンだったけど市販されてるような薬って。。。
今回はロキソニンがまあまあ効いて落ち着いた。
9時就寝。
なんか寝つけずやっと寝れたと思ったら
点滴の入れ替えで起こされる。
再寝。
今度はロキソニンが切れて痛みで目覚める。
またナースコールでロキソニン投入。
中々寝つけず。
やっと寝れたと思ったら五時頃相部屋の人にとこに看護師が来て物音で目が覚める。
耳栓とアイマスクで再寝。
8時に朝ごはんで起こされる。
休めた気がしない。
よれよれのまま朝食。


続く