生活の記録

永遠のモラトリアム。中年の学生。人生のテーマは自由。友達は本とラジオとテレビ。好きな芸能人は星野源、タモリ、伊集院光、有吉、爆笑問題、ふかわりょう、マツコ・デラックス。将来の夢は犬を飼うこと。

修士一年終了
慌ただしく常に何かに追いたてられてる感。あっという間だった。
テレアポで精神の平衡を保って何とか一年過ごした。健全な世界にいると健全でない世界も持ってないと精神が保てないことがわかった。
そういう意味で表向き健全で成り立っている小学校は週一の実習でさえつらく、自分が何に向いてないか、何が苦手が認識するという意味ではよい経験だった。
あと毎回のレポート課題で文章かくのが嫌いになった。

・バイト
何だかんだで適当に始めたテレアポ始めて一年過ぎた。しゃべり方と声変だし押しも弱いので絶対向いてないと思いきや謎の適正。
まともな人はどんどん辞めてく職場に居座っている。居心地良すぎて。。。
4月からは平行して勉強している専門分野関係のバイトもする予定。破格の時給(当社比)。続けられるといいのだが。。。

恋ダンス披露
2月は恋ダンスの練習に忙殺された。
おかげで完コピできたがグループでものを成し遂げる難しさを痛感。
人に披露するために歌詞(替え歌にした)とか考えるのは楽しかったけど。
長年くすぶっていたダンス熱は昇華された。
あとはライブで踊って成仏しよう。

修論
ついに取りかからないといけないが論文というものをどういう手順で書いてよいかわからず焦り。
また不安で動悸、不眠が。。。
そういう不適応な認知を修正する研究をテーマにするつもりなのだが。。。
書き終わってる自分が全く想像できない。といいつつ今までの人生経験と自分の性格上、死にそうになりながらも終わらせるんだろう、と予測。