読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活の記録

鬱々とした三十代半ばも過ぎつつある女。2016年4月から大学院生&バイト生活。永遠のモラ トリアム。生きる支え‐テレビ、酒、本、ラジオ。悩み‐話し相手がいないのでツイッターでつぶやきまくっているけど反応がマレにしかない。星野源について語り合ってくれる人24時間募集中。

謎の才能

テレアポバイト二日目。

一日目は研修でアポかける商品内容をホワイトボードを使って説明受け、アポ取れたやり取り見本の録音を聞いて、本番。
二時間ぐらいやったけど一つもアポとれなかった。。。


というかわかっていたが自分にテレアポの適性がない。
声が変わっている(ちびまる子ちゃんみたいな年齢性別不詳な声?)のでショップ定員とかコールセンターの女性特有の機械的な高い声が出ない。
あとすぐパニクるので焦ると自分でも何を言っているのかわからなくなる。
あと頭の回転が鈍いので、臨機応変な対応ができない。

つまり仕事全般に向いてないのだが(なので前職の時もそうだったが仕事中、何でこの世に生まれてきたんだ自分。。。と思う)なにしろ生活していくためには金がいるので時給のよいテレアポを選んだ。

しかし24時間以内にアポ取れないとクビ、と言われたので一応スマホでアポ取る秘訣とか読んで(参考にならなかったけど)二日目に挑む。

しかしこの会社は自己紹介が一切なくわからないことを聞くにも誰に聞けばよいのかもわからず様子を伺って意を決してからお伺いに行くのが一々ストレスだ。
名前もわからないから背後から「すみません。。。」て暇そうな人探して声かけるの、疲れる。

で、アポの方は四時間やってたまたま一件取れた。
この成果が良いのか悪いのかわからない。
帰宅。精神的疲労で吐き気がして、呆然としたまま電車乗ったら反対方向だった。。。
家帰ってご飯食べて仮眠して起きたら体が鉛のようだった。
久々の仕事ストレスによるダルおも(サプリメントのコマーシャルのやつ)感。
この先、生きていけるのかってくらい。
でも朦朧としたまま勉強して寝た。


テレアポ三日目。
昨日と同じようにやってもまぐれで一件とれるかどうかぐらいだなあ、と思って開始。
隣の人が、うまくてアポとれてたので真似してみた。
そしたら連続でとれた。
とれたら磁石をホワイトボードにつけていくのだが他の人と比べてもかなりとれてる。
なんじゃこりゃ???ってくらい。

●心がけたこと
間をとってゆっくり話す。
抑揚をつけて普通の会話のときのように、息を次ぐ。
東北地区にかけてるので、なまりながら話す(自分も東北出身なのでわりと普通になまる)。
商品知識はスマホで調べたので初日よりは客の質問に答えられた。


これぐらいでこんなにとれるのか。
謎。
3○年気づかなかった謎の才能開花。


アポ数が給料に反映されるので俄然やる気が出た。
そして仕事後、昨日のような精神疲労感はなし。
もしかして慣れた??
意気揚々と帰宅。

次の日の朝10時間ぐらい寝たにも関わらず疲労で体がぐったりだった。
やっぱりまだ慣れていなかった。。。