生活の記録

鬱々とした三十代半ばも過ぎつつある女。2016年4月から大学院生&バイト生活。永遠のモラ トリアム。生きる支え‐テレビ、酒、本、ラジオ。悩み‐話し相手がいないのでツイッターでつぶやきまくっているけど反応がマレにしかない。星野源について語り合ってくれる人24時間募集中。

夏の記録メモ

せっかくの無職の夏なので忘れないように記録メモ。


●アルバイトの面接に行った。
かなり本気で受けたが返事がまだこない。。。



●生まれてはじめて隅田川花火大会に行った。
人混みが嫌だったのでネットで人が少ない場所を探して行ったが人がすごかった。
あと暑かった。
花火はすごかった。
毎年見ると感動が薄れそうなので来年はたぶん行かない。


●前職場の人と飲みに行った
今回は辞めたときの店の人たちとだったので店の様子をいろいろ聞いた。辞めてから遠くの世界になっていたが聞いてたら一気に当時の感覚が蘇ってきた。相変わらずバタバタな感じ。懐かしくて戻りたくなった。
が、多分記憶が美化されているからそう思うだけ。
この日記には当時のつらい気持ちを書いているので騙されまい。
というのも自分が(というか人一般がそうなのかもしれないが)過去の記憶が美化されて、昔に戻りたい、と思いがちな経験があったので、それを踏まえて働いてるときに未来の自分に向けて、仕事中のつらい気持ちを書いておいたのだ。



●プールに行った
冷たい水が気持ちよかった。
25メートルのクロールが泳げた。



●読書

ポースケ

ポースケ


久々にもう一つの世界を生きるような読書をした。
昼間に現実の世界でふと小説の世界を思い出して自由な気持ちになる、ような小説はたまに出会える。



●偏頭痛の病院に行った
いまだに合う薬がなくロキソニンでしのいでいていい加減どうにかならんかとネットで病院調べて、良さそうだったので電車乗って行ったが、結果無駄足だった。検査で4700円とられた。。。



●暑い
前の日記でそんなに暑くないみたいなこと書いたが、やっぱり暑い。
家から駅までが遠いのでその道のりがつらい。
特に朝の暑さが苦手。
朝から暑いのと元気なのは嫌いだ。


●職業訓練校はあと一ヶ月を切った





夏は暑くてつらいから記憶が鮮明に残るってふかわがブログか何かで言ってって、そうだなあ、と思った。