生活の記録

永遠のモラトリアム。中年の学生。人生のテーマは自由。友達は本とラジオとテレビ。好きな芸能人は星野源、タモリ、伊集院光、有吉、爆笑問題、ふかわりょう、マツコ・デラックス。将来の夢は犬を飼うこと。

未来

あまりにも平和すぎて(なにも無さすぎて)また日記があいてしまった。

36歳にして(そういえばプロフィールは34歳のままになってる。。。)許させるのかというほどのモラトリアム。


職業訓練校には通ってるが、「学生」感はない。
パソコンの知識と実技を習っているが、午前中みっちりIT知識についてやってると、この知識いかせるほどの高度な仕事につくことは一生あるまい、とか思ってしまう。
そして高校の時の三時間目の古文の授業並の退屈さと眠気。
この「高校の時の三時間目の古文の授業」というのはオードリーの若林がラジオで言っていた表現で、若林は毎日が高校の時の三時間目の古文の授業みたいなんだそう。
あとよく人は、大晦日に一年あっという間、とかもう○○歳になった、とか言うけど若林はやっと一年たった、とかまだ36歳という感覚らしい。
しかも充実してて長く感じるのではなく、つらかったり許せない記憶が鮮明に残っているかららしい。
自分も相当ネガティブ思考だけど若林には負けた。。。


話それたが。
高校の時の退屈な授業の気怠さは迷う余地もなくそこにいなければならないからじっと耐えてたけど、36歳無職で退屈な授業を受けていると、今この瞬間の疑念とと今までの人生の後悔とこれからの人生の不安で頭をかきむしりたくなるのでなるべく先生の話とテキストに集中しようする。


ぶつくさ考えてないで大学院の試験が九月にあるので勉強に本腰入れればいいのだがこっちの方も何とも集中しきれず。
だらだらと勉強中。


一年後の今ごろは大学院行ってるのか、落ちて派遣OLやってるのか、専業主婦になってるのか(これはないな)わからんなあ。