生活の記録

永遠のモラトリアム。中年の学生。人生のテーマは自由。友達は本とラジオとテレビ。好きな芸能人は星野源、タモリ、伊集院光、有吉、爆笑問題、ふかわりょう、マツコ・デラックス。将来の夢は犬を飼うこと。

ネガティブ

仕事でミスった。
今日はもう時間内からって切り上げられた。
明日絶対怒られることはわかっている。
何回怒られても度々凡ミスを起こす。。
子供の時から不注意が多い。
発達障害まではいかないが脳に何らかの欠落があると思う。
新しい仕事を初めても何らかのミスはまたやらかすだろう。だからなるべくミスをしても人に迷惑をかけない仕事につきたい。
ミスする→怒られる→絶望
これを何度繰り返してきたことか。
絶望したってしてしまったミスは消えないしこれからのミスを防げるわけでもない。
非生産的思考。
なのにこのループに陥る。
社会不適合者だけど生きるためには社会の中で働いていかなければならない。
働かなくても生きていける人(専業主婦とか)が心底うらやましい。
とは言っても私は家事能力がないので専業主婦にもなれないが。
ドラマ「デート」で長谷川博己が「ぼくを養うために結婚してください」というようなセリフがあるがまさにそんな気分。
性別関係なく自分の食いぶちは自分で稼ぐ、という自分の信条には反するが、自分が働かなくてよい生活ができたらどんなに楽かと思う。



という超ネガティブ日記。。。