生活の記録

鬱々とした三十代半ばも過ぎつつある女。2016年4月から大学院生&バイト生活。永遠のモラ トリアム。生きる支え‐テレビ、酒、本、ラジオ。悩み‐話し相手がいないのでツイッターでつぶやきまくっているけど反応がマレにしかない。星野源について語り合ってくれる人24時間募集中。

偏頭痛記録

今日は仕事に向かう途中に偏頭痛の予兆がきた。
約二ヶ月ぶり。
視界がギラギラするやつ。

前回の予兆は、予備校に行く前で、授業料けちって(一回七千円、当日キャンセルきかない)一か八か行ったら見事に激痛がきて授業受けられず、塾のトイレでゲロ吐いて帰る、というトラウマレベルの目にあった。
しかも、そのせいで風邪が悪化、熱が出て仕事2日休み、有給が残ってなかっため(術後の自宅療養で使いきった)欠勤扱い(給料減る)という踏んだり蹴ったりのはめになった。

予兆がくると気持ち悪さと頭痛の恐怖で絶望する。
いつも通りロキソニンとコーヒー飲んで頭をマッサージしながら職場に向かうこと約一時間。
息をつめて電車に揺られる。
頭痛はこない。
経験上予兆がきてから約30分後に頭痛はくるので今回は乗り越えられた模様。

若干の吐き気はあるものの仕事開始。
目の奥からぼんやり痛みが始まった。。。
やばい。
だんだんはっきりと痛くなってきた。
オェーとなりながら仕事すること約一時間。
痛みが消えた。

痛いときはこの世に生まれたことを呪うほど死にたい気持ちになるが痛みが消えると爽快感がくる。

そのあとは何事もなかったかのように労働。



おわり