生活の記録

鬱々とした三十代半ばも過ぎつつある女。2016年4月から大学院生&バイト生活。永遠のモラ トリアム。生きる支え‐テレビ、酒、本、ラジオ。悩み‐話し相手がいないのでツイッターでつぶやきまくっているけど反応がマレにしかない。星野源について語り合ってくれる人24時間募集中。

読書記録など

今日読んだ本
蘇える変態

仕事帰りの電車で一気読みした。
感想は改めて書きたい。


最近読んだ本
死神の浮力


伊坂幸太郎っていろいろ映画化されてるし売れてるので軽い感じのエンターテイメント小説(?)をイメージしていたが想像と違って物語は低調に淡々と続く。
まだ読みかけ。不思議な読後感。
ちょっとずつ読んでいきたい。



ジャージの二人

長嶋有は勝手におしゃれ文学少女に人気があるイメージがあって敬遠していたが読んでみたらこれもまた地味な作品。



○まとめ
勝手に、おしゃれ、サブカル風、大衆受けしてる、とかのイメージで食わず嫌いなもの多いけど読んでみるとそれぞれにカテゴライズできない面白さがある。
そういう食わず嫌いな作品はいっぱいあるだろうからこれからちょとずつ開拓していきたい。
(しかし地味な小説の感想って文章化が難しい。。。ストーリーが面白いというより風景が心に残るって感じかな。)